>>挨拶文 書き方

季節 時候の書き方

目上の方への手紙やビジネス上の、転勤、異動、退職、入社、などの文章を書く場合欠かせないのが、季節の時候です。

格季節の時候は、前文と言われる書き始めの挨拶部分に書き、文章の決まり文句のようになっています。

<<格季節の時候文例>>

○春:早春の候、春暖の候、晩春の候、残春のみぎり、春寒のみぎり、
   暮春のみぎり、暦の上では春と申しながら、一雨ごとに春めいて、
   ようやく花の季節になりました、春まさにたけなわの今日このごろ

○初夏:新緑の候、若葉の候、風薫る五月となりました

○夏:梅雨の候、麦秋の候、酷暑の候、盛夏の候、五月雨のころ、
   あじさいの雨が咲き、近年になく涼しい(暑い)夏でございます、
   炎暑の日が続いております

○秋:残暑の候、清涼の候、秋冷の候、晩秋の候、残暑のみぎり、
   立秋とは名ばかりの暑さ、虫の音も澄み渡り、夜長のころ、
   朝晩は涼しくなりました、すがすがしい秋晴れ、秋も日増しに深く

○冬:初冬、ゆく年、歳晩、師走、歳暮、寒冷、厳寒の候、厳冬のみぎり、
   山々が真っ白になりました、年内余日も少なくなりました、
   寒気きびしいおり、近年にない寒さです、いよいよ冬将軍の来襲です


この後は、手紙などの文書に、お互いの安否を気遣う文章を書いて、本文へと入っていきます。

季節の時候は社会人になると、就職、入社式、退職、転勤、異動、歓迎会、送別会、などのビジネス上や、

家族を持つ場合では、結婚式、入園式、卒園式、入学式、卒業式、引越しなどの挨拶で必要になる場合があります。