>>挨拶文 書き方

退職挨拶の文

特に春、秋などの季節では、今までお世話になった職場を退職するにあたり、どのような挨拶文を書いたら良いか戸惑う人もいるのではないでしょうか。

退職する決断をしたら、お世話になった上司へ退職の挨拶文の手紙を手渡すのが、ビジネスマンの礼儀としては良いと思います。


退職の挨拶状・手紙を書く上でのポイント

1、退社の予定月日
2、在職年数
3、在職中の厚情への感謝
4、将来の計画(これからのこと)


なぜ退職するのか、どこへ行く(勤める)のか、退社の事情を書くと良いでしょう。

良くある理由としては、転勤、家業を継ぐ、他社からスカウトされたなどでしょう。

また、資格を取るために学校へ通う場合もあります。

基本的には、勤めていた会社への感謝の気持ち、挨拶状を送る相手への厚情に感謝し、今まで勤めていた会社への感謝の気持ちを表現した文面にすることが大切です。

このときに注意したいのが、退職する職場の批判を書かないことです。円満退社するためにも気をつけておきたいです。

同じく、入園式、卒園式、卒業式、入学式、歓迎会、送別会、結婚式、法事、定年などでも、同じように、お世話になった方の厚情への感謝の気持ちを表したいですね。