>>挨拶文 書き方

手紙での挨拶

口頭で挨拶できない時は、手紙で挨拶するのも良いでしょう。ですが、手紙での挨拶は口頭の挨拶とは違って、様式や書式のようなものもあります。

社会人になるために、就職する会社へ挨拶状の文を履歴書に添付して送付、又は手渡す人もいるのでは。

一般的な手紙の書式では、

1、「拝啓」「一筆申し上げます」などの起筆
2、季節の時候挨拶
3、「貴社ますますご健勝のこととお喜び申し上げます」など相互の安否
4、起辞「さて、」など
5、用件
6、結びの挨拶「まずは取り急ぎご連絡まで」など
7、留め書き「敬具」
8、日付
9、署名
10、宛名
11、追伸文「追伸 ○○にぜひともお会いしたいと存じております」など


手紙の書式は順を追って書いていくと立派なものになり、社会的常識をわきまえていると感じてもらえるかもしれませんね。

挨拶の手紙は、してもらったことへの感謝もありますが、お願いする場合にも挨拶文が必要です。

学生では、推薦状、紹介状、社会人のビジネス上では、退職願い、依頼状、招待状、案内状、などがいくつもの書類で挨拶は欠かせないです。

また、挨拶する立場の人にも、新入生代表、新社会人代表、PTA会長、就任者、還暦者、歓迎会・送別会の幹事、新郎と様々です。

冠婚葬祭、法要、香典、結婚式でも挨拶文の読み上げは重要ですね。