>>挨拶文 書き方

挨拶文についてカテゴリの記事一覧

結婚式の挨拶

結婚式では、学校やビジネスや仕事などでお世話になった人、親兄弟、親類、友達など沢山の人の前で、新郎・新婦が挨拶しなければなりません。

そしてその親も、我が息子、娘の結婚を祝福するために挨拶をします。

私の友達も結婚式を無事に終えることはできたのですが、やはり本番は緊張の連続だったようです。

結婚式当日に向けて挨拶の例文を作り、何度も読み返しては彼女と練習をしたそうです。結婚式前日は緊張のあまり眠れず、当日は腹痛にも見舞われていたようでした。

結婚することが決まった時には、案内状を送付しますが、この結婚式の案内状の様式も現代ではあまり畏まってない形式も見受けられます。

結婚式の季節、私の友達は可愛らしい葉書手紙を使って招待状を送ってきましたが、友人同士では愛敬があって良いかもしれないですね。

しかし、お世話になっている上司や退職した会社の先輩・上司、先生などへ中の良い友人に送るような挨拶文章の葉書では失礼になってしまいます。

しっかりと、拝啓から始まる挨拶文章を書いていった方が良いでしょう。

ビジネスでの挨拶

ビジネスをする上で、取引先企業やお客さん、同じ職場の人への挨拶は欠かせないですね。

挨拶によって相手先との良い関係が築けたり、その後のビジネスが起動に乗りやすかったりとメリットも多いと思います。

3月、4月では会社でも、退社する社員の送別会、新入社員の歓迎会があったりします。その際も、お世話になった後輩、先輩、上司の間で挨拶が交わさせます。

この日の為に、挨拶文を用意するくらいしっかりと挨拶できるととても喜ばれますね。

結婚式でも、同じ会社の同僚、先輩、上司が招待されることは多いですが、結婚する新郎新婦へ暖かい文の挨拶を送ることも多いようです。

親しい仲にも礼儀ありのように、例え友達であっても、挨拶は大切です。ビジネスでの職場ではなお更挨拶はしないと、自分が損をしてしまいます。

ビジネス上でも接待や飲み会があって、乾杯の挨拶をすることも多いです。これからの展望や経営業績などはなしたりしてから、「乾杯!」と言っている光景も、居酒屋でよく目にする光景ですね。

同僚、クライアント、上司を大切にする意味でも、挨拶は無くてなならないものです。